縮毛矯正に必要な髪の長さ

縮毛矯正をする際には、ある程度の髪の長さが必要となります。
その理由として挙げられるのが、縮毛矯正の方法です。
縮毛矯正は、ヘアアイロンを使って髪の毛を高温加熱することで癖のある毛をストレートにしていくものです。
そのため、使われているヘアアイロンの幅によっては施術できないケースが出てきてしまうのです。
美容院によって使われているヘアアイロンは違いますので、必要な髪の長さも変わってきますが、一般的なヘアアイロンの幅はおよそ2cmとなっていますので、最も短い髪の長さでも3cmは必要となるのです。
女性の場合は、それほどショートヘアーにしている方は少ないので、縮毛矯正のためにわざわざ髪を伸ばさなくてもすぐに受けることが出来ますが、男性の場合は、人によっては若干髪の毛を伸ばす時間が必要となることでしょう。
ただし、男性専用の美容院などでは、幅が1㎝程度のヘアアイロンを使っていることもあるため、事前に確認するとよいでしょう。

縮毛矯正に髪の長さが必要

髪に癖のあるひとなら憧れるのが癖の無いストレートヘアーです。
そのストレートヘアーにさせてくれるのが縮毛矯正です。
この縮毛矯正はパーマの一種です。
なので髪にダメージを与えます。
長い時間維持させたいのであれば絶対に髪の長さは長いほうがいいです。
髪は根元から生えてきます。
そのためショートなどの短い髪だと髪に重さがなくすぐに癖がでやすくなります。
また、頻繁に縮毛矯正をしなくてはならなくなり髪へのダメージも大きいです。
その反対に髪が長ければか髪が伸びても髪に重さがあるためあまり癖がで出にくいということがあります。
なので半年に1度くらいのペースでも全然大丈夫ということです。
ですが、普通のパーマよりはダメージを多く受けるためにトリートメントはかかせません。
最近では縮毛矯正のパーマと同時にトリートメントもできるような所もあります。
時間短縮したい人にはおすすめです。
髪をいたわりながら美しいストレートを手に入れましょう。

check

最終更新日:2017/4/11

Copyright c 2015 気になる縮毛矯正 All rights reserved.