縮毛矯正ってどんなもの?

縮毛矯正というと、ストレートパーマを思い出します。
どちらも髪をストレートにするという印象がありますが、実は両者には大きな違いがあるのです。
縮毛矯正はその字の通り、もともと癖がある髪の毛をまっすぐにする効果があります。
薬剤を付けた後に熱を加えることにより縮毛をまっすぐにするもので、一度縮毛矯正を行った髪の毛は永遠にまっすぐなままです。
しかし、新しく生えてくる髪の毛はもともとの癖がある髪の毛のままのため、ストレートを維持したければまた縮毛矯正を行わなければなりません。
それに対してストレートパーマは、髪のボリュームを落としたり、もともとはストレートの人がパーマなどをかけていた髪をまたストレートに戻したい時のものです。
こちらは薬剤を付けた後に髪に熱を加えることはしません。
頻繁にヘアスタイルを変えたい人が「今はストレートにしたい」という時に適している髪型になります。
もともと縮毛の人でも程度の軽い人ならばストレートパーマでもストレートにすることができる場合がありますが、癖のきつい人など、縮毛の人の髪の毛を確実ストレートにすることは出来ません。
どちらも髪にダメージがあるという点では変わりません。
ケアをしっかりと行うようにしましょう。

縮毛矯正とストレートパーマの違い

サラサラストレートヘアーに憧れたことはありませんか。
女性なら1度は憧れた事があると思います。
しかし、癖毛な髪でもサラサラストレートヘアーになれることができるのです。
それは縮毛矯正かストレートパーマをあてることです。
この2つのパーマは髪をストレートにするためのパーマです。
なのでストレートヘアーにしようと思ったひとならどっちにしようか迷ったことがあるはずです。
実はこの2つのパーマにはこんな違いがあるのです。
縮毛矯正は薬剤とヘアアイロンを使用して癖毛をストレートに伸ばしていくパーマです。
伸ばした髪は半永久的にストレートになります。
ストレートパーマは元々ストレートの髪質だった人がパーマをかけた後、ストレートに戻すときにするパーマです。
癖毛の人がストレートパーマをすると時間が経ってしまえばまた癖毛になります。
なので癖毛の人がサラサラストレートにしたい場合はストレートパーマではなく縮毛矯正をしなければならないということです。
このように縮毛矯正とストレートパーマは別物と考えなければなりません。
自分の髪質をよく知った上でどのようなパーマにしなければいけないかということを考えなければなりません。
美容師の方と相談するのも良いでしょう。

Valuable information

厚木で新築一戸建てを検討している方はお任せください

厚木 新築一戸建て

吸収性、発汗性抜群!高品質なサッカーユニフォーム。

サッカーユニフォーム オーダー

軽自動車等の大物まで何でも回収致します!

広島の不用品回収業者

2018/4/20 更新

Copyright c 2015 気になる縮毛矯正 All rights reserved.